WiMAXとdocomo Xiを徹底比較検証!ベストなモバイルWiFi通信はどっち?


NTTドコモ社が次世代通信サービスdocomo Xi(クロッシィ)を2010年にリリース。
時は流れ、2012年も終わりに差し掛かる頃。ここで一度、WiMAXとdocomo Xiをきっちり比較しておきましょう。


スピード
帯域制限・通信制御
サービスエリア
モバイルルーターの性能
料金プラン

以上の5つのポイントを個別に検証していきます。

スピード

まずはスピードですが、ベストエフォートはそれぞれ以下となります。
サービスプロバイダ
下り最大
上り最大
WiMAX
40Mbps
15.4Mbps
docomo Xi
37.5Mbps
12.5Mbps

実測的には誤差のレベルとなり、スピードに差が出るとすれば別の理由になるでしょう。帯域制限、回線の混雑度、エリアなどですね。

docomo Xiの下り最大速度は75Mbpsではないの?

実は、docomo Xiで最大75Mbpsが出るエリアは限られています。docomo公式サイトでは、「Xiエリアの一部に限ります。」と米印で注意書きがなされており、この「一部」というのが要注意ポイント。具体的には、メジャーな駅構内・付近、商業施設の集中しているエリア(お台場など)などで、局所的に使えるというのが実際のところです。

帯域制限・通信制御

帯域制限とは、一定のデータ通信量を超えると、スピードが制限される仕組みです。docomo Xiには帯域制限とは別途、通信制御が存在します。

以下は、かかる制限の内容です。

サービスプロバイダ
帯域制限
通信制御
WiMAX
なし
なし
docomo Xi
直近3日間の通信量が380MB以上になると、次の日の速度が制限される。(どのくらいの制限かは非公表)
7GBを超えると、その月は128Kbpsに制限される。ただし、追加2GBあたり2,625円を支払うことでXi本来のスピードを維持できる。

WiMAXには帯域制限や通信制御はなく、docomo Xiには相応の制限がかかります。

実際のところ、普通にインターネットでウェブサイトを閲覧すれば、3日で380MB、1ヶ月で7GBはすぐに到達します。動画を観たりするなら尚のこと。全く制限を受けずに利用するのは、なかなか難しいでしょう。

サービスエリア

WiMAXとdocomo Xiのエリアの広さを比較してみます。次のサービスエリアマップは、それぞれの2012年9月次点のものです。都心〜西東京〜埼玉北部を、ほぼ同じ面積が映るように切り取っています。
WiMAX
※オレンジ部分がサービスエリア
サービスエリア|UQ WiMAX  ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット
docomo Xi
※赤部分がサービスエリア
NTTドコモ  エリアマップ 1


比較しやすいように、本庄市、つくば市、青梅市にそれぞれ赤マルをつけてみました。

基本的には、WiMAXのサービスエリアの方が圧倒的に広いことが伺えますね。
ただし、docomo Xiの場合、Xiエリアが圏外の場合FOMAエリアに切り替わります。FOMAはスピードが出ないものの全国人口カバー率100%ですから、その点の安心感はあります。

モバイルルーターの性能

モバイルルーターの性能はどうでしょうか。端末を選ぶ際に最も重視することになる駆動時間を見てみましょう。

サービスプロバイダ
モバイルルーター
連続通信時間
連続待受時間
WiMAX
AtermWM3600r
10時間
200時間
WiMAX
URoad-SS10
9時間
250時間
docomo Xi
L-09C
6時間
210時間
docomo Xi
L-04G
4時間(Xi)/5時間(FOMA)
160時間

主力の2機種をそれぞれ比較すると、WiMAXのルーターの方が長持ちすることがわかります。

料金プラン

最後に料金プランを、基本となる定額プランで比較します。WiMAXはプロバイダ(MVNO)の最大手のBIGLOBE WiMAXを挙げてみることにしましょう。

サービスプロバイダ
料金プラン
月額料金
端末代金
契約期間
BIGLOBE WiMAX
UQフラット年間パスポート
3,801円
無料
12ヶ月
docomo
Xiデータプランフラットにねん
6,510円
店舗による
24ヶ月
docomo
Xiデータプランフラット
7,980円
店舗による
12ヶ月

料金に関しては、言うまでもなくWiMAXが安くなっていますね。キャッシュバックなどのキャンペーンも実施されているので、実質的にはもっと料金は下がります。
(尚、UQ WiMAXのフラット年間パスポートは月額3,880円です。)

総合的に考えると、WiMAXに分があると考えるのが妥当ではないでしょうか?
郊外での利用がメインであったり、出張などの利用でFOMAを確実につなげておきたいなどの条件が無い限り、WiMAXの方が満足度が高くなる可能性が高いでしょう。

また、docomo Xiは将来的には下り最大100Mbpsを目指すと発表してはいますが、当分先のこと。今docomo Xiで24ヶ月契約するなら、WiMAXを12ヶ月で契約し、その後のことはその後考えるのが賢い選択だと言えそうですね。

当サイトで読まれている記事

 BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容と評判



 WiMAX2 キャンペーン一覧とランキング



 一人暮らしの方必見!WiMAXを使うと通信料金がこれだけ節約できる

このページの先頭へ