MVNOとは? WiMAXのMVNOを選ぶ時に確認すべき3つのポイント

<MVNOとは?>


MVNOとは、一言で言ってしまえばインターネットのプロバイダとほぼ同じです。
詳しく語ると、自社でネット回線(携帯回線)インフラ設備を持たず、他社のインフラを利用してサービスを展開する通信事業者です。MVNOとは、WiMAXの回線を使ってインターネットの世界に入る門番のようなものだとイメージしてください。
 
WiMAXのMVNOは、本家のUQ WiMAXを始め、BIGLOBE、@nifty、So-netなど当サイトで掲載しているだけでも15社以上あります。WiMAXを日本で利用する場合、数あるMVNOの中から1社を選ぶ必要があります。
 
このページではWiMAXのMVNOを選ぶ際に、確認しておきたいポイントをまとめています。
 

MVNOを選ぶ3つのポイント


1、契約内容(利用料金・契約期間・解約時の手数料など)


まず、ベースとなるUQ WiMAXの毎月の利用料金は3,880円、契約期間は1年(データ通信使い放題・1年契約の場合)となります。1年以内の解約時には9,975円の手数料がかかります。
 
その他のMVNOを利用する場合、利用料金、契約期間共にUQ WiMAXとは違います。
月々の利用料金は、前後100円くらいしか差がでないためさほど気を配らなくてもいいのですが、契約期間はMVNOによって1年と2年に分かれます。
 
現在、WiMAXのMVNOも半分以上が2年契約となっています。
また、契約期間内の解約の場合、解約手数料が発生しますが、その金額もMVNOによって違います。
細かいところですがしっかり確認しておきましょう。
 
1年契約が可能なMVNOを選びたい方はこちらを参考にしてください。
契約期間12ヶ月(1年)のMVNOを比較
 

2、MVNOの規模


前提としてどのMVNOを利用しても、WiMAX回線を利用するため理論上、通信速度や、通信可能なエリアの差は出ませんが、当サイトではなるべく大手のMVNOを利用することをお勧めします。
 
理由は、MVNOの規模によっては、一定量以上のトラフィック(アクセス)が集中した際に対応できず、回線のスピードが遅くなるなどの可能性は十分に考えられるなど、サービスの質に差が出る可能性があるためです。
 
WiMAX以外のプロバイダ事業も長年行っているような大手のMVNOであれば、通信に関する技術やノウハウ、インフラ設備などが十分に整っているため、安心して利用できます。また、BIGLOBE(NEC)など、上場しているような企業がバックボーンにあるMVNOですと、サポート対応等の質も高い傾向にあります。
 

3、キャンペーン


WiMAXのMVNO選びで最も重要、かつ差が出るポイントがキャンペーンです。
 
選ぶMVNOによって
・初期費用(モバイルルーター端末料金、事務手数料、契約月の月額料金)
キャッシュバック額
(20,000円を超える高額キャッシュバックを行っているMVNOもあります)

など、特に料金面で大きな差が出ますのでWiMAXを申し込む前に必ず確認しておきたいポイントです。
 
WiMAXのMVNOキャンペーンの選び方に悩んでいる方はこちらを参考にしてください。
WiMAXのキャンペーンを選ぶ3つのポイント
 
各MVNOのキャンペーン内容を比較したい方は、WiMAXのキャンペーンランキングを参考にしてください。

当サイトで読まれている記事

 BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容と評判



 WiMAX2 キャンペーン一覧とランキング



 一人暮らしの方必見!WiMAXを使うと通信料金がこれだけ節約できる

このページの先頭へ