DTI WiMAX モバイルプランのキャンペーン内容と評判

キャンペーン内容


 
データ端末の本体価格がいずれも0円となっています。
 
端末代金と最初の一ヶ月目の利用料金は無料になりますが、初期費用は3,150円掛かります。
 
データ端末はキャッシュバックとして最高15,000円が設定されています。

<キャッシュバック額>


 キャンペーン適応可能なルーター端末とそれぞれのキャッシュバック金額をまとめてみますと

  Mobile Cube(14,000円)
  AtermWM3600Rクレードルセット(13,000円)
  AtermWM3600R(14,000円)
  AtermWM3500Rクレードルセット(14,000円)
  AtermWM3500R(15,000円)
  Uroad-8000(15,000円)
  Uroad-SS10(14,000円)

  となっております。
 
 
・契約初月は月額費用が0円となりますので、データ端末0円という点もあわせて費用を極力掛けない乗り換えが可能です。
 

キャンペーンのメリット・デメリット


<メリット>


DTI WiMAXのキャンペーンは端末代金と初月の利用料金が0円であることに加えて、用意されているデータ端末もURoad-SS10やMobile Cubeなどをはじめラインアップが多くあるので、ご自身の利用状況に併せて選択肢が様々あるという点がメリットとなります。
 

<デメリットと注意点>


<機器代金無料キャンペーンは継続利用が必要>

DTI WiMAXのキャンペーンでデータ端末が0円となるのは3カ月間のサービスの継続利用が条件となりますので、途中解約した場合には機器代金として6,300円を支払う必要があり注意が必要です。
 
<キャッシュバック受け取りのタイミングと方法>

キャッシュバックの受け取りは利用開始月から12ヶ月目以降の受け取りとなります。
 
受けと方法は、楽天銀行株式会社メルマネマスペイメントサービスの送金通知メールでその旨の連絡を行うのですが、メルマネ送金通知メールを受取拒否設定している場合にはキャッシュバック特典が無効となりますので、あらかじめ設定を確認しておく必要があります。
 

キャンペーンの評判


DTI WiMAXで行われているキャンペーンは、利用者の方からの評判をまとめました。
申し込む前に確認しておくと失敗がないでしょう。
 
<初期費用がゼロでWiMAXを利用できる>

DTI WiMAXのキャンペーンに申し込んだ場合の費用についてですが、機器代金が0円になるというのは他でも見かけるけど、最初の月額料金3,880円まで無料になるのはかなり気前が良くて実質的なキャッシュバックになる、と言う声があります。
 
<最低利用期間に関して>

最低利用期間は24ヶ月と決められているので、途中に解約する場合には9,600円の解約手数料と、3ヶ月未満の利用であれば機器代金として6,300円の支払いをもとめられるのはちょっと痛い、と言う感想が見られます。
 
<キャッシュバック額について>

WiMAXのサービスを実施しているMVNO(プロバイダ)を様々比較すると、DTIのキャッシュバックは機器により最大で15,000円と満足していました。ただ、後から確認すると「BIGLOBE・WiMAX」など15,000円以上のキャッシュバック額があり、契約期間も1年ですむプロバイダがあったのは残念でした。もう少し調べておけばよかった。
 
キャッシュバックは申し込んですぐもらえるかと思ったら12ヵ月後に振り込まれるらしく、ちょっとあてにしていたのでがっかりした!といった評判があります。
 
<その他の注意点>

また、DTI WiMAXのキャンペーンのその他の特長に関しては、データ端末代金と月額料金1ヶ月が無料だったけど、実はそれ以外に初期費用として3,150円が掛かることは知らなかったと言う声や、キャッシュバックには受け取りの期限が45日以内とされているので、うっかり連絡のメールを見忘れてしまうと受け取りができなくなるので気をつけるべき、などといった声が見受けられます。

当サイトで読まれている記事

 BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容と評判



 WiMAX2 キャンペーン一覧とランキング



 一人暮らしの方必見!WiMAXを使うと通信料金がこれだけ節約できる

このページの先頭へ