契約期間12ヶ月(1年)で最安値のMVNO(プロバイダ)はどこか?

現在、WiMAXを申し込む方のほとんどの方が
Web経由で、端末無料や、キャッシュバックがついたキャンペーンを利用して申し込んでいます。
 
MVNOのキャンペーンは端末料金が無料であったり、高額のキャッシュバックをする代わりに、最低利用期間を2年に定め、2年以内の解約時には、解約手数料を取るMVNOが多いです。MVNO(プロバイダ)としても、2年は使ってもらわないと元が取れないからでしょう。
 
このページでは、様々な理由で、2年間の縛りはきついという方向けに
契約期間が1年間のMVNOキャンペーンを比較して、トータルコストで最も安くWiMAXを利用できるMVNO(プロバイダ)はどこかを検証しています。
 
まず、結論から言ってしまうと
BIGLOBEのWiMAXが1年間のトータルコストではいちばん安くなります。
では、他のMVNOも含めて詳しく1年間のトータルコストを比較してみます。
 

契約期間1年のMVNOのコストを比較


現在WiMAXのMVNOキャンペーンの中で
契約期間が12ヶ月でもキャンペーンが適用されるMVNOは以下の通りです。
 
・UQ WiMAX
・BIGLOBE WiMAX
・@nifty WiMAX
・ASAHI WiMAX
・Yamada air mobile WiMAX(ヤマダ電機)
 
各MVNOで、WiMAXを1年間利用した場合のトータルコストを表形式にすると以下の通りです。


MVNO名
端末料金
事務手数料
キャッシュバック
月額利用料
1年間のトータル
1年目実質月額
UQ WiMAX
2,800円

3150円
なし
3,880円
52,510円
4375.8円
BIGLOBE WiMAX
無料
3,150円
※17,000円
3,801円
37,961円
3163.4円
nifty WiMAX
無料
無料
5,000円
3853.5円
41,242円
3436.8円
ASAHI WiMAX
無料
無料
なし
3790円
41,690円
3474.1円
Yamada WiMAX
1円
3,150円
※なし
3,880円
49,711円
4142.5円
 
※ BIGLOBE・WiMAXのキャッシュバック額は17,000円ですが、1年目にもらえるのは7,000円です。

BIGLOBEの1年目のトータルコストは
3,150円+3,801円×11ヶ月(契約月の月額無料)-7,000円=37,961円となります。

ヤマダWiMAXは、指定の商品を同時購入する事を条件に5,000円のキャッシュバックが受けられます。
@niftyは、5,000円のキャッシュバックか、Nexus7を9,980円で購入するか選べます。
 

まとめ・1年契約の最安値はBIGLOBE・WiMAX


表を見ての通り、1年契約がOKのキャンペーンの中で最安値は、BIGLOBE・WiMAX
次いで@nifty・WiMAXが続く形です。最高値は、本家のUQ WiMAXです。
 
BIGLOBE・WiMAXの場合は
2年目も利用した場合、さらに10,000円のキャッシュバックがありますので、1年契約で利用できるキャッシュバックキャンペーンの中ではいちばん優秀でしょう。
 
BIGLOBE・WiMAXに関するさらに詳しい情報はこちらにまとめています。
2年契約も含めたWiMAXのキャンペーンの比較はこちらを参考にしてください。

当サイトで読まれている記事

 BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容と評判



 WiMAX2 キャンペーン一覧とランキング



 一人暮らしの方必見!WiMAXを使うと通信料金がこれだけ節約できる

このページの先頭へ