WiMAX ONでは、
WiMAXを最安値で使い始めたい人
WiMAXのキャンペーンの比較や最新情報を知りたい人
自分の使い方に合ったプロバイダを選びたい人
WiMAXのキャンペーンを選ぶ基準がわからない人
のために、WiMAXプロバイダ約15社からキャンペーン情報をまとめています。あなたにとってベストなWiMAX選びの参考にしてみてください。


WiMAX一発比較!ケース別の選び方まとめ

基本的なWiMAXの選び方については、こちらの記事をご参考にしてください。
WiMAXキャンペーンの正しい選び方

お得さ重視:月額料金+キャッシュバックで選ぶ

WiMAXを料金的にお得に利用できるキャンペーンは、月額料金の割引初月無料キャンペーン、そしてキャッシュバックです。
どれかひとつではなく、すべて併せた年間の料金で考えるのがポイント。

一番お得なキャンペーンを実施しているのは:BIGLOBE WiMAX

非常に高額なキャッシュバックを実施しているのがBIGLOBE WiMAXです。
また、月額料金も通常より安く、初月の料金も無料になっています。

総合的にもっともお得なのはBIGLOBE WiMAXとなります。もちろん安心の1年契約です。

BIGLOBE WiMAXについて詳しく


タブレットが欲しい:タブレットセットキャンペーンで選ぶ

人気のAndroidタブレット端末が無料でもらえるキャンペーンも、今が旬!WiMAX+タブレットのセットで、モバイルライフが充実します。

タブレットセットキャンペーンを実施しているのは?:@Nifty WiMAX

高性能なタブレット端末を配布しているのが@Nifty WiMAX
どこよりもタブレットセットキャンペーンに力を入れています。

Androidタブレットを無料でゲットしたいなら、@Nifty WiMAXで決まり。@Nifty WiMAXも1年契約です。

@Nifty WiMAXについて詳しく


利用可能エリアを広げたい:+auプランを選ぶ

auの3G回線が使える「+auプラン(フラットプラス)」なら、月額料金が少し高くなる代わりに、エリアカバー率が非常に広がります。

+auプランを選ぶなら:@Nifty WiMAX

+auを選べるWiMAXサービスは、本家のUQ WiMAX@Nifty WiMAX

@Nifty WiMAXなら本家よりも月額料金などが下がるのでお得です。もちろん、回線品質は基本的に大差ありません。
本家の安心感が欲しい場合はUQ WiMAXを。

キャンペーンに関するQ&A

WiMAX搭載パソコンのキャンペーンはありますか?

ほぼないようです。その理由は次のとおりです。キャッシュバックを始めとしたWiMAXキャンペーンを実施しているのは、プロバイダや家電量販店といった、ユーザに対して直接販売活動を行っている業者となります。WiMAX搭載パソコンは富士通や東芝など各社からリリースされていますが、機種が著しく限定されます。これらごく一部の機種に対してキャンペーンを適用しても、WiMAXの契約を促進する上であまりメリットがないのです。それであれば、すべてのパソコンに対してWiMAXルーターのセット販売キャンペーンをおこなったほうが、ユーザーにとってもWiMAXキャンペーン適用機種の選択肢が広がります。
こうした理由から、WiMAX搭載パソコンではなくふつうのパソコンとWiMAXルーターのセット販売が中心となっています。ただし、ルーターセット販売もまた考えものです。家電量販店で実施されているルーターセット販売は、実質月額としてはまったくお得ではありません。月額料金は5,500円〜6,000円と、WiMAX(2+)の通常月額料金(3,800円前後)よりも高くなります。これは、セット販売についてくるキャッシュバック20,000円〜40,000円分を、24分割して毎月の料金に上乗せしているからです。数字のマジックでしかないのです。
以上を踏まえると、プロバイダが提供するWiMAXキャンペーン(ルーター単体での契約)を利用するのが一番お得になります。パソコンが必要であれば、パソコンは単体で購入し、別途プロバイダのキャンペーン経由でWiMAXを契約するのがベストです。

WiMAX2のキャンペーンは時期によって違うのか? 例えば12月より1月の方がいいなどの季節要因はあるのか?

まず前提として、WiMAX2のほとんどのプロバイダはキャンペーン期間を1ヶ月か2ヶ月単位で区切っており、月初始まりの月末締めにしています。キャンペーンの期限が切れると、各社ともキャンペーンの内容を刷新します。

主に変更される特典は、キャッシュバック金額とタブレット端末の種類ですが、
前月と比べて良くなるか悪くなるかの前情報は一切流れないため、予測が立ちません。

季節や時期によってキャンペーン特典が強くなる時期ですが、強いて言えばWiMAXの繁忙期である2月、3月は他の月よりキャンペーン特典が良くなる傾向がここ数年はあります。

理由としては、各社共自社の予算と、他のプロバイダのキャンペーン状況を見て、
キャンペーン内容を決めているため、WiMAXの契約件数が増える2月、3月は各プロバイダとも勝負に来る印象です。

また、少しでもお得にWiMAX2を契約したいというのであれば、月末か月初に契約するといいでしょう。

ほとんどのプロバイダは、端末が届いた月の月額料金を無料にしているため、例えば月末に申し込めば
端末が月初に届くので場合によっては1ヶ月まるまる無料でWiMAX2を使えます。


WiMAX2のキャンペーンに落とし穴はあるのか?

落とし穴と言うと言葉が悪いですが、キャンペーン特典を受け取るのが複雑なプロバイダはあります。
また、どのプロバイダもキャンペーンを受け取る条件があります。

実際にプロバイダによっては高額のキャッシュバックを売りにしているが
受取り手続きが複雑でもらいそこなったという情報がネット上にゴロゴロ出てきます。

WiMAX2のキャンペーン特典はキャッシュバックとタブレット無料が目玉ですので
キャンペーン特典をもらい損ねる事がないように、それぞれについて落とし穴(必ず確認しておきたい事)をまとめてみます。


キャッシュバックをもらう際に確認すべき事

1、キャッシュバックの受取時期 主要プロバイダですと @nifty 9ヶ月目 GMOとくとくBB 12ヶ月目 So-net 14ヶ月目となっています。

2、キャッシュバックの受取条件 各プロバイダとも共通な事は2つ
・キャッシュバック受取時期の前月までの継続利用
・キャッシュバックの振込口座を確認するメールが送られてきてそれに対して返信が必要

@niftyなどはキャッシュバックの振込口座を電話で登録する事ができるためもらい忘れは起こりにくいです。

逆にGMOとくとくBBは、キャッシュバックの振込口座を確認するメールが
GMOとくとくBBを契約後に自分でメールアドレスを作り、そこに確認のメールが送られてきます。

WiMAX2を契約した際に登録したメールアドレスに講座確認のメールが来るわけではなく、
また、メールが送られてきた翌月の月末までに返信をしないとキャッシュバックが無効となるため注意が必要です。

WiMAXに契約するとNexus7がタダになるキャンペーンですが、タブレットならではの違約金はありますか?

プロバイダによって異なります。例えば、GMOとくとくBB WiMAXのタブレットセットキャンペーン(ASUS MeMO Pad、Nexus7)では、解約金は通常どおりです(1年目:19,000円 / 2年目:14,000円)。一方、BIGLOBE WiMAXのタブレットセットキャンペーン(Kindleシリーズ)では、通常の解約金(1年目:19,000円 / 2年目:14,000円)に加えて、別途タブレットキャンペーンの違約金がかかります(機種によって4,000円もしくは9,500円)。Nifty WiMAXのタブレットセットキャンペーン(ASUS MeMO Pad)でも別途の違約金が発生します(5,000円)。

WIMAXだけで、PCとスマホとタブレットのインターネットは十分でしょうか?

利用目的によります。メールやアプリはもちろん、動画を見る程度のデータ通信量であればWiMAXだけで十分です。一方、オンラインゲームや株取引などデータ通信量が非常に多い場合・回線の安定性が求められる場合、やはり固定回線の利用が望ましいです。また、仕事などで数百メガバイトのデータを頻繁に送受信する場合も、WiMAXだけでは送受信に時間がかかりストレスになります。
そうではない場合、WiMAXだけでも快適なインターネットができる可能性は非常に高いです。WiMAX1回線でPC、スマホ、タブレットのインターネット環境を統合することは、費用的に大きなメリットがあります。現在の契約状況にもよりますが、月額にして5,000〜15,000円程度の節約ができるでしょう。さらにWiMAXプロバイダによっては、タブレットを無料でプレゼントしてくれるキャンペーンもあります。お得にモバイルライフを充実させることができますよ。

価格.comとMVNO(プロバイダキャンペーン)のどちらが安いのか?

まだWiMAXが全盛だった2013年末ごろまでは価格コムから申し込んだ方がキャッシュバック金額が高いなど、端末とプロバイダによっては価格コム経由で申し込んだ方が安くなる事がありました。

逆に価格コム独自の契約期間縛りなどがあり、3年使わないと解約手数料が発生するなどの問題もありましたが。

ただ、2014年12月現在はほとんどのプロバイダが価格コム申し込みより、WEBキャンペーンの公式サイト経由の申し込みの方が安くなっているプロバイダもあります。

例えば価格コムの料金比較最安はGMOとくとくBBですが
こちらのキャッシュバック金額は27,390円となっており、これはWEBキャンペーンの公式サイトキャッシュバック金額と同じです。

月額料金に関しては価格コム経由で申し込んだ場合3,797円、WEBキャンペーン公式サイト経由だと3,609円
また、事務手数料も価格コム経由ですと3,000円かかるのに対して、WEBキャンペーンは無料です。

価格コムの場合、52,019円の割引や実質月額等の言葉を使っており、一見公式サイトからの申し込みより安く見えますが、しっかり数字を確認すると公式サイトより高くなっている場合があります。

価格コムの52,019円割引の内訳は以下の通りですが、いずれも公式サイト(キャンペーンサイト)でも同じ割引が受けられます。

キャッシュバック 27,390円
契約事務手数料無料 3,240円割引(3,240円×1か月分)
月額料 端末受取月無料 4,530円割引(4,530円×1か月分)
GMOとくとくBB月額料 2か月目から24回割引 14,559円割引(633円×23か月分)
GMOとくとくポイント毎月100円分プレゼント※2か月目より付与 2,300円割引(100円×23か月分)

これからWiMAXを始める方、乗り換えを検討されている方へ

WiMAX-ONは、「これからWiMAXを始めたい」「そろそろ乗り換えよう」と考えている方のために、最適なWiMAXを選ぶための情報をお届けするサイトです。

WiMAXは「MVNO」という仕組みによって、様々なプロバイダがWiMAXのサービスを提供できるようになっています。そしてこれが重要なのですが、それぞれのプロバイダがお得なキャンペーンを実施しています。

これらのキャンペーンを利用することで年間で2万円〜3万円を節約することができますから、使わない手はありません。とはいえ、WiMAXプロバイダ(MVNO)は実に15社を軽く超えており、契約内容やキャンペーン内容は様々です。これら全てを確認することはとても面倒でしょう。
また、確認するにも、その内容が非常にわかりづらいプロバイダも多いのです。(一言で言えば、デメリットがなるべくわからないようになっています)

その結果、「どのプロバイダを選べばいいのかわからない!」という事態に陥りがちです。

WiMAX-ONは、各プロバイダ(MVNO)のキャンペーンの最新情報を網羅し、客観的視点で全てを明らかにします。
あなたに、最安で最速のモバイル環境を手に入れていただくことが、WiMAX-ONのミッションです。

このページの先頭へ